マイルストーン

マーケット牽引の忍耐

研究開発センターを公式にオープンしました。
韓国でTSE Table Coaterに試運転調整を行いました。
CE2011でTSE TrollerはC2イノベーションアワードをボックス型TSE Table Coaterにより受賞しました。
ドライ膜厚⒑nm以下のスロットダイ。
キャスト、非常に透明度の高い箔 (ディスプレイなど)、操業を開始した最新のエレクトロニクス製品向けのダイ製作をしました。 多層カーテンダイ用モーター式塗工幅調整装置(MVCW)を商品化しました。
TSE Trollerがアジアでの活動を強化しました。
スケーラブル用途方式:TSE Trollerno高精度なダイがフレキシブルエレクトロニクス市場をとらえました。(例として、OLEDやOPVを含みます) TSE Trollerの市場での戦略的進行の拡大:グローバルな客先とビジネスパートナーの良い関係性はますます成長しました。その結果、家族経営の会社は新たな目的の準備を制限することとなりました。この弱みを乗越えるべく、TROLLER SCHWEIZER ENGINEERING AGからTSE Troller AGに名称を変更しました。
研磨装置施設と高精度な検査システムの投資によりTrollerは新たな用途テクノロジーに備えました。
カーテンダイで初の2800㎜幅のもの納入しました。
Urs Trollerの不幸な死により、Trollerはマネージングディレクターを失います。彼の妻であるHeike Trollerが彼の生涯の仕事を引き継ぎました。これにより会社の目標とバリューは維持されることとなります。
TROLLER SCHWEIZER ENGINEERING AGが設立されます。
マーケット首位を追い求める:塗工ダイへの集中は紙、粘着用途へと拡大しました。
アメリカ、ニューカッスルにサービスと製造拠点のTroller Inc.をオープンします。
依然と成長の過程:Trollerが迅速なシステム変更を搭載したコーティングステーションを初めて納入しました。
Trollerが日本に活動を拡大します。東京の伊藤忠産機株式会社がこのスイスの会社に取って理想的な販売代理店となります。
絶え間ない開発により秀でたクオリティで精度の高い結果を生み、TSE Trollerを市場の重大プレーヤーとしました。
TROLLER & Co. が W. Troller & Co. AG.となります。Urs Trollerがこの会社のマネージングディレクターに就任しました。
Trollerが3300㎜の押出しダイを中国に輸出しました。
新たな塗工方式:写真業界向けに多層カーテンダイの製造をしました。新たな開発製品のレギュラーシリーズ第一弾です。
写真業界に多層スライドダイを初納入しました。
最初のTroller製スロットダイが納入されました。この時こそ会社が発展した最初の時です。